【まとめ】ネット松陰塾の特徴

今日は、私がネット松陰塾さんを選んだ理由をご紹介します。

娘は、塾にも通っていましたが、成績がどんどん落ちていき、現在中学3年生です。
このままだと進学も危うい・・。何かないかと選んだのがこちらになります。この記事は、成績がオール3もしくは、それ以下の
方に向けた記事です。

教育理念

名称からもわかるとおり、松下村塾の教育理念を継承しております。
江戸時代の終わり頃、山口県にあった私塾にて門下生を指導した教育者であったのが、吉田松陰先生だそうです。こちらで採用されていた人間教育を元に自分で考える、自立学習を考案したのが、ショウイン式学習法だそうです。

吉田松陰について詳細はこちら【Wikipedia】

自立学習

私が塾を選ぶ上で最も重視したのが、こちらの自立学習です。 人に教わるのではなく、子供が自ら学ぶ意思がない限り、学力は伸びないというところに共感しました。 通常の塾のように、講師から一方的に習う授業では、わかったつもりになるだけで、実はまったく理解していない・・→特にうちの娘はそうでした。 人から習うのではなく、自ら学ぶシステムは、何かないかと探したのがこちらの松陰塾です。 自立学習といっても子供が勝手に一人で自由学習というは、わが娘には不可能でした。しかし、わたしもフルタイムで働くワーキングマザーの身の上です。これに、プラスアルファがないかと辿りついたのが、コーチングシステムです。

コーチングシステム

一週間に2-3回プランによりますが、先生が勉強の学習内容を見てくれます。 そして、しっかり子供を褒めてくれます。親だと、これが中々難しいのですが、他人に褒めてもらえる事により、自己肯定感がたかまり、自立学習のメンタルをしっかり支えてくれます。また、娘がどうしようもなく前に進めなくなった時はとりあえず、先に進む選択肢や、戻ってやり直す選択肢を与えてくれます。 週に一度親にもメールで、進捗報告や、このように褒めてあげてください!というメンタルを支えてくれるメールがきます。これに加えて、自分だけのオリジナルカリキュラムで進めることができるのが、ネット学習の強味です。

わかるところから始める

わからない所は正しいやり方で徹底的に基礎学力を鍛えてくれます。 ここで重要なのが、個人によってどこまで遡って、学習するかです。わからなくなったのは、一体どこからなのか?これを明確にすることで、つまづきが見えてきます。さらに重要なのは、わかったつもりで、どんどん先に進んでしまう事です。

わかるまで先に進まない

個人学習の一番の強味といっていいと思います。得意な所は一度で完了できるけれども、苦手なところは、何度も繰り返すして学習するのが、とても大切だと実感しました。そして、最も重要だと松陰塾さんが教えてくれるのは、”焦らない事”です。 目に見える学力と目に見えない学力があるそうです。 高得点をとる目に見える学力より、思考力を養う目に見えない学力を徹底して育てることで、得点は後からついてくるものだそうです。 しっかり基礎を固める大切さは、中学生でも大切です。

わかるまで繰り返す

しっかりと基礎を固めるには、最も重要な項目です。

  • がくしゅうモード
  • じゃくてんバスターモード
  • テストモード

この3つのサイクルを利用して、繰り返し学習の仕組みが身につくそうで。 定着するまで繰り返すが最も効率的な学習方法だそうです。 間違えることを恐れずどんどん前に進み、最後にチェックテストし、不合格ならまた振り出しに戻ります。

勉強虎の巻-準備編-

勉強は頑張りすぎてはいけない?

勉強は、一気にやろうとしても続かないものらしいです。大人だってそうですよね。 毎日コツコツが重要だそうです。娘も、少しずつですが、毎日勉強するようになってきました。最初は、30分から少しづつ伸ばしていき、いつでも引き返して戻って考えてみる・・。これでいいみたいですよ。

パソコン学習は効果的?

わかるから楽しくなる?そうではなく、楽しく勉強するからわかるようになってくるらしいですよ。学校の授業も嫌いな先生の科目は、不思議と嫌いになってしまいますよね?それと同じです。マイペースでじっくり出来るのがパソコン学習のいいところです。

学力の穴をうめると成績が伸びる?

特に、算数や英語は穴が出来てしまうと、どんどんわからなくなってしまう科目らしいです。少数の計算だって、足し算、引き算、掛け算、割り算が出来て初めて解けるようになりますよね。人によって違う、この穴うめ作業が最も重要で難しいらしいです。 ショウイン式は、AI学習なので、つまづくとどんどん戻って出題してくれるのです。すごいですね。

頭がいい悪いは成績と関係ない?

実は、中学生くらいまでは頭がいいとか悪いとかは、あまり関係ないらしいです。私が、思うには、 いかに”コツを掴んで” いかに”時間を掛けて”いかに”繰り返し学習”してるかですかね。ショウインさんは、アウトプット学習をしっかりやること。だと言っております。インプットばかりして安心してる人は、アウトプット学習を疎かにしている人が多いのだとか。勉強したけど成績が上がらない方は、こんな学習してませんか?

勉強虎の巻-実践編-

夕食前の学習が効果的?

夕食の前に勉強する人はあまりいないので、他人に差をつけたい人はこの時間を狙うべきだと、ショウインさんは、言います。30分でも夕食前に勉強すると、リズムができるので、面白そうなTV番組の誘惑に打ち勝つ”けじめ”をつけられるそうです。 学校から帰って、→昼寝→21時頃起床→10時頃から夜中まで勉強・・ これが最もよくないサイクルだそうです。昼寝をすると頭がボーっとして集中力が回復するのに、時間がかかり、夜中まで起きていると次の日が起きられない・・。まさに悪循環です。夜は22時には寝るのが理想ですよね。
娘にも、まず昼寝を辞めるところから始めましょう!と言いました( ´∀` )

消しゴムをつかわない人が伸びる?

消しゴムは間違った所を消す道具ではありますが、使わない事も重要なのだそうです。あ消しゴムを使用せず、間違った所はバツと大きくかいて消します。その下に、正しい答えを書くのだそうです。先ほどはどこで間違えたか?前回はどこで間違えたか?間違え方を分析するのは、効率のいい学習方法なんだそうです。

ノートを贅沢に使う人が伸びる?

ノートにぎっちりかいて、綺麗にペンで着色して満足していませんか? 実は、少し贅沢に使用して、算数や計算などは間違えてしまった所は後からわかるようにして置くといいそうです。ショウイン式ノートでも、新しいページには、

  • 日付
  • 科目
  • 単元名

をしっかり記入していつでも見直せるようにしておきましょう。

いかがだったでしょうか?
私が、ショウインさんを選んだ一番の理由でした。

実際に効果(成績)がでたら、またお知らせします。
※一部、松陰塾さんの入塾ガイドより抜粋させていただきました。


コメント

タイトルとURLをコピーしました