ネット松陰塾【失敗】

こんにちわ

引き続き、ネット松陰塾の体験レポートです。

何度も言いますが、こちらはPDCAが自分で、できない子、成績がオール3もしくは
それ以下で悩んでいる方向けです。

ある程度結果が出ている方(オール5まであと一歩!のような方)は、他の進学塾をおすすめします。

中学3年になる娘が、講座を始めて2週間ほど経過したので、経過報告を兼ねて投稿いたします。
個人的な感想ですが、他のネット塾と大きく違うところが以下3つです。

コーチングに特化していて、先生が進捗や励ましをしてくれる。

以外とこれがよかったと思います。
親だとどうしても、まだそんなことできないの?と責めてしまうような事を言ってしまいます。
ですが、上手に頑張っていると認めたあげた上でアドバイスをしてくださる様子が、Skype上で聞こえてきます。
少し残念なのは、何人か同時に中継するのですが一人は必ず電波がわるいらしく?上手に通信ができません。

特に親がみていないのか?子供だけだと音声が上手につなげなったりと、トラブルも少なくない様子。
パソコンに慣れてないお子さんは、最初の数回は親御さんが近くにいてあげるといいかもしれませんね。

時間が決まっているので、机に一週間向かわなかった・・という事がない

うちの、怠け者の娘はすぐに昼寝をしてしまうので、テストのやり直しも結局終わらず、次のテストを迎えることも
多々ありました。ですが、こちらは通塾方式と同じように、17:00~パソコンの前に座るという 決まり事があるため
サボっても2-3日で、先生に優しく叱ってもらえます。

簡単なようで、毎日の学習習慣ほど難しいものはないと感じてます。

教科ごとの独自のノートがあり、これが素晴らしい!

何しろ、これが一番良かったです。
教科ごとに1冊(英語は、単語と文法で分かれています)づつノートがあり、
自分でノートを作ることができないコには最適です。
一番、よかったのは数学のノートで、
何度も計算問題を間違えるのですが、間違える度に分析とレポートを自分で書く方式なんです。
そうすることで、”符号の間違い”が多いなど、自分で気を付けるとこが明確になります。

わかっていない事を、細かく理解する事が成長の第一歩だと実感しました。
ただ闇雲に、問題を解いても結果はいつも同じで、まったく前に進めません。

まとめ

娘にとっては、いい方向に進んでいるとおもいますので、このまま続けさせますが、
将来的には、PDCAを身に着けさせ、自ら学ぶ意思をもってほしいと願ってます。
端末を購入する手間もないですし、いつでも辞めれるのもいいですよね。

娘の世代は、将来的にパソコンが必須だと思っているので、
Skypeや、タブキー、シフトキーの使い方なども、なれるという意味でも正解だと思ってます。

皆様にとっていい選択ができますよう、願ってます。

ネット松陰塾に関する過去の記事はこちら



コメント

タイトルとURLをコピーしました