すららネット 体験談と特徴

すらら教材の特徴 として

自分で勉強ができない子ども専用教材

すららネットは

     

  • 勉強嫌い
  •  

  • 偏差値なんて謎
  •  

  • 発達障害

 などなど「自分で勉強ができない」子ども専用のネット教材なんです。
まさにうちの子供にピッタリ

自分でPDCAが組めたり、進学塾の代わり・・中学受験を考えたい・・。
というレベルの方には向いてないと思います。

動画もわかりやすくかみ砕いて教えてくれる分、できる子にはじれったいと思います。

最近は1000円で塾動画見放題など安価な通信教材もあります。
しかしすららでは、そういった一方的な動画ではなく

対話式で授業がすすみます。アニメキャラクターが先生役となって、
授業をしてくれます

同じような対話式としてスマイルゼミ・進研ゼミがあります。
この2つも体験済みですが、そういったタブレット教材よりも、
もっと簡単なレベルから細かく解説してくれます。

教科書ワークなども試しましたが・・全く成績はあがらず下がる一方・・・・諦めたくない・・。
どうしよう・・という思いでたどりついたのが、こちらのすららです。

すららコーチ(チューター・担任制度)

すららコーチといって専属サポーターがつきます。
本登録すると最初に「電話連絡 or メール連絡」を選べる仕組み。
保護者への連絡の頻度は週イチでこちらから質問しなくても、すららコーチから連絡がきます。
「すららコーチ」は生徒に直接電話してくれるわけではなく
「すららコーチ→保護者→子ども」という流れになるので、
結局親の私の口からアドバイスをいわなければなりません
でも、相談できる相手がいるのは私には心強いです。教え方の質問もできますし、うちの子供の場合は
プライドが傷つくと投げ出す癖があると伝えたところ、あえて最初に学力テストをせずに
レクチャー×ドリル×小テストで、進めることにしました。

ラーニングデザイナー

すららの特徴として一番おすすめなのがこの

ラーニングデザイナーという機能です。
こちらは自分で目標設定をすることが出来ます。
子供の進捗状況に応じて何をしたいかで、

教科書対応表(主に予習ですららを使用したいとき)

単元一覧表(無学年式で、わからないことを掘り下げて復習したいとき)

を使用して、細かく本日のやること一覧を作成します。

前日やったテストなども作成する事ができます。
しかも、集中力のないうちの子供には5分間のテストが選べるというのが魅力です。
目標設定は、コーチにお願いしてもいいですし、親が組んでもいいそうです。
コーチによると親子で自走できるのが理想なので、親が出来るならお願いしますとのことです。
うちは母親である私が組みました。
また、このテストの後が素晴らしく!!
テストをしたら、どこがわかっていないか分析してくれて、レクチャーを出してくれるんです。
やり直しをAIが自動で、組んでくれるという訳です。そして何度でもテストができるんです。

まとめプリント機能

管理画面にあるので印刷しておくことがおすすめです。

アニメ授業をみながら「まとめプリント」にメモを取ることで参考書のようにもなりますし、
ドリルを解くときのヒントにもなります。

パソコン操作が、いまいち慣れてない子供には
事前にまとめてプリントはだしてあげたほうが良いでしょう。

ここまで、絶賛しましたが・・いいところばかりではなく、デメリットもあります。

管理画面が複雑で使いにくい

もともと学習塾のプロ仕様システムを一般におろしてきているため、
管理画面設定が細かいのが?わかりづらいです。
ただし通常はすららコーチが管理してくれているので大きな問題はないかと。

強制力がないので、自分のやる気に左右される

他のタブレット教材とおなじく、さぼろうと思えば動画をスキップしたりして、
いくらでもさぼれる。
本人のやる気が結果に大きく反映される。
決まった時間に、授業があるわけでないので、親の声かけ次第?

パソコン操作が子供には戸惑う

うちの子は、そこまでパソコンができるわけではないので、問題が見切れてしまっているのをスクロールで
直すことが出来なかったり、ローマ字入力がスラスラできるわけではないので、最初は少し戸惑っていました。
しかし、どうせ覚えるならついでに学んでしまえ
ということで、うちはあえてタブレットにせず、パソコンでやっています。

【まとめ】

できることだけやる。
これが、自宅学習がうまくいくコツらしいですよ。
「1日1単元だけクリアする」など、1つルールを決めて、それだけは守る。
最初から完璧を目指さず、 まずは1つの行動だけ継続することを目標にがんばりましょう。

1か月で解約も可能ですし、タブレット端末などの違約金もないので
まずは、いろいろ試して最終的に子供に合うものを見つけてあげられると
いいですね。



コメント

タイトルとURLをコピーしました