建築条件付き売地とは

広告でよく見る

建築条件付き売地 とは

「一定期間内に、指定した建設業者で家を建てる」

という条件がついた土地のこと。
普通、土地を買えば、その土地にどんな家を建てるか、いつ建てるかは購入者の自由。
建築条件付き土地は、建設できる家の制限が付いている。
わかりやすく言えば、土地の売り手は

「我が社で家を造ることを前提に土地を売ります」といっている。

建設される家の内容も大まかに決まっており、「ある程度、購入者の意見が取り入れられる」
ゼロから思い通りの家を設計できる注文住宅とは別物と考えたほうがいい。。
どちらかというと、建売住宅に近い。そこで、建築条件付き土地は、
建売住宅に対して”売建住宅”と呼ばれる。

そもそも、都会の土地には制限がついている事が多い。
北側斜線規制や道路規制。用途地区など制限は様々。これを考慮すると完全に購入者の思いどおり・・
とはいかないことが多い。

建売住宅と同様の性格を持つ住宅だが、家を建ててから売るのではなく、
まず売ってから家を建てる形式というわけだ。

それでも、建売住宅より自由度は高くなる。
二世帯同居をしたいとか、子供が沢山いる、家に仕事場を設けたい、というような特殊事情がある人にとっては好都合となる。

お金さえ出せば、設備類のグレードを上げられるという長所もある。

そのように、自由度は高いが、わがままを言えば言うほど費用が高くなる――
それも、建築条件付き土地の特性である。

土地は割安に売られるのが一般的で
建築条件付き土地ではなく、自由に家を建設できる土地のことを、

最近は「建築条件なし」という言い方をするようになった。本来、
土地はいろいろな条件を付けずに売られるのが一般的だった。

しかし、今は建築条件付き土地が増えたので、
建築条件の付かない土地が特別扱いされるようになったのである。※また売主によっては建築条件を外してくれる事もある。

しかし、建築条件の付かない土地は建築条件付き土地より割高に価格設定されるのが普通だ。
それは、売り手が「土地売買だけで利益を出したい」と考えるからだ。

建築条件付き土地であれば、家の建設においても利益がでるため、
土地代にのせる利益は最小限にする。総額で利益が出れば良いので、土地の値段を抑え、魅力的に見せている。

そのため、建築条件付き土地は割安で魅力的に見えてしまうのである。

建築条件付き土地とは、

  • 土地の契約と同時に建築の契約もする
  • 建築会社は指定の会社とする

という条件で売られる土地のことです。

この契約、実はトラブルが多いんです。

その理由は、大きくは以下の3つです。

  • 建築会社を変更できない(変えると違約金が発生)
  • 間取りや建築プランが制限される
  • 後日にもし見積もり額が上がっても文句を言えない

例えば、土地契約の時点では「建物は2,000万円くらい」と言われても、

後日に見積もりに上がることも実際にあります。

実はこれってとても、よくある事なんです。
長くなるので、理由は別の機会に

コメント

タイトルとURLをコピーしました